We hold various seasonal ceremonies to show our respect and gratitude to Kami-sama. 

アメリカ出世稲荷神社では、季節毎に様々な行事を通して自然の神々に敬意を払い、感謝の気持ちを伝えています。

Please join us at our ceremonies.

ご参列され、御神徳とご加護を受けられますようご案内します。

 神々を「お祀り」して感謝と願いをするイベントだから「お祭り」と言います。感謝と祈願の神事があってこそ「お祭り」。そして、「お祭り」は、自然への畏敬と感謝を再確認する(思い出すきっかけ)という役割もあると言えます。

 遙か昔から日本人が代々受け継いできた伝統文化・慣習が急速に失われつつある昨今。私達の世代で消滅させてしまうのか、次の世代に伝えていくかの選択の時期が来ているのではないでしょうか。 自然の力に感謝し、次の世代に伝えるきっかけにしてください。

Nagoshi no harae夏越之祓

Purify and recharge your spirit for the summer

 From ancient times, the Japanese people practiced Nagoshi-no-Harae, a prayer to purify and to rid themselves of the first half of the year’s yakunan (illness, accident, injury, fight etc…) or “bad luck” and kegare, or “withered spirit”. Over the course of the first half of the year, the energy of a person’s spirit is diminished by tiredness, stress, and other pressures, so Nagoshi-no-Harae rituals are performed every June to cleanse and refresh this energy and recharge the spirit. Shinto Shrine of Shusse Inari in America provides these traditional services with mystic rituals that have been passed down through the generations of our family.

One such ritual is the use of hitogata on which have been written the mystic words, “Tokusa-no-kamdakara.” Hitogata are slips of paper cut into the shape of a person, and it is believed that the hitogata represents the person concerned.  In the Nagoshi-no-Harae service, the hitogata is thought to carry all of that person’s kegare.

昔から日本人は、6月の終わりに夏越之祓(なごしのはらえ)を行う慣習があります。これは、半年の間に気づかないうちに作ってしまった罪や穢(けが)れ、また、病気・事故・怪我・争いなどの厄難(やくなん)を祓(はら)い清め、次の半年を心身共に健康で過ごせるよう祈願するものです。 

 「穢れ」とは「気が枯れる」という意味で、本来持っている「気」がストレスなどで「枯れて」(くたびれて)パワーがダウンしている状態のことです。

 夏越之祓は、身代わりとなる人形(ひとがた)を使って、ご自身が溜め込んでいる穢れなどを祓い、気力の復活を図ります。アメリカ出世稲荷神社の人形は、古来より伝わる「十種神宝(とくさのかんだから)」の文字が入っています。当神社では、お申し込みいただいた方のお名前、年齢(数え年)、ご住所を神主が読み上げ、受け取った人形で夏越之祓の秘伝のご祈祷を行います。

linkedin facebook pinterest youtube rss twitter instagram facebook-blank rss-blank linkedin-blank pinterest youtube twitter instagram