We hold various seasonal ceremonies to show our respect and gratitude to Kami-sama. 

アメリカ出世稲荷神社では、季節毎に様々な行事を通して自然の神々に敬意を払い、感謝の気持ちを伝えています。

Please join us at our ceremonies.

ご参列され、御神徳とご加護を受けられますようご案内します。

 神々を「お祀り」して感謝と願いをするイベントだから「お祭り」と言います。感謝と祈願の神事があってこそ「お祭り」。そして、「お祭り」は、自然への畏敬と感謝を再確認する(思い出すきっかけ)という役割もあると言えます。

 遙か昔から日本人が代々受け継いできた伝統文化・慣習が急速に失われつつある昨今。私達の世代で消滅させてしまうのか、次の世代に伝えていくかの選択の時期が来ているのではないでしょうか。 自然の力に感謝し、次の世代に伝えるきっかけにしてください。

Setsubun-sai 節分祭

About Setsubun

The original meaning of Setsubun is “dividing season,” and the beginning of each of the four seasons was called Setsubun. However, the day before the first day of spring in the lunar calendar is New Year’s Eve, and as it marks the seasonal change from harsh winter to spring, it came to be considered an especially important day. During the Edo period, Setsubun came to exclusively mean the day before the first day of spring. Mostly the first day of spring is February 4th, so that Setsubun is February 3rd. We will hold this Setsubun ceremony to show respect and appreciation and present our wishes to the nature spirits. 

 On the Setsubun, we have this custom to do Setsubun no Harai and people who are having yakudoshi (critical year), request to have gokitō such as yakubarai services.

節分とは、「季節を分ける」という意味で、元々は、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことを指していましたが、江戸時代から立春の前日のことを指すようになりました。というのも、立春は旧正月の時期と重なることも多く、また、動植物が活動を再開する春の始まりでもあるので、特別な意味を持つからです。

 節分と言えば、豆まきと恵方巻き。豆まきの慣習は、平安時代初期から宮中で行われていた邪気や災厄を祓(ルビ:はら)う「追儺(ルビ:ついな)の儀」が起源とされています。

 また、立春から厄年が始まると考えられていたことから、節分は、その年が厄年に当たる人たちが厄祓いのご祈祷をしてもらう日という習わしがあります。

Our Fantastic SponsorsEvent Email Sign-upContact Us
Copyright© Shinto Shrine of Shusse Inari in America. All right reserved.
linkedin facebook pinterest youtube rss twitter instagram facebook-blank rss-blank linkedin-blank pinterest youtube twitter instagram