We hold various seasonal ceremonies to show our respect and gratitude to Kami-sama. 

アメリカ出世稲荷神社では、季節毎に様々な行事を通して自然の神々に敬意を払い、感謝の気持ちを伝えています。

Please join us at our ceremonies.

ご参列され、御神徳とご加護を受けられますようご案内します。

 神々を「お祀り」して感謝と願いをするイベントだから「お祭り」と言います。感謝と祈願の神事があってこそ「お祭り」。そして、「お祭り」は、自然への畏敬と感謝を再確認する(思い出すきっかけ)という役割もあると言えます。

 遙か昔から日本人が代々受け継いできた伝統文化・慣習が急速に失われつつある昨今。私達の世代で消滅させてしまうのか、次の世代に伝えていくかの選択の時期が来ているのではないでしょうか。 自然の力に感謝し、次の世代に伝えるきっかけにしてください。

七五三詣 Shichigosan (Children’s Blessing for ages 3, 5, 7)

Please reference our Shichigosan Gokitō page for information and to see this year's schedule here.

Shichigosan is observed every year on November 15th. Shichigosan is a ceremony that honors children, and dates back to the 17th century in Japan. It's celebrated by families with children who are three, boys who are five, and girls who are seven*. It's a big day for the children who participate.

Children are dressed in their best traditional, age-appropriate clothes, and their parents take them to shrines to be blessed by priests. The parents and children both offer their thanks to the Kami-sama in appreciation. For the parents, this marks a significant step in their child’s life, and one in which the parents are grateful for the child’s health and well-being.

We can arrange Kimono rental and fitting as well as a photo shoot. Please contact us for details.

*Ages are counted in Asian reckoning: the year of your birth counts as being one year old. So if you are 20 years old, you are 21 years old in Asian reckoning.

If you are interested in participating, and/or would like to request Shichigosan ceremony or Gokitō in person, please make an appointment using the Shichigosan request form.

 日本では、数え年で3歳、5歳、7歳の子供の安全や健康を感謝し、今後の開運招福をご祈願するために晴れ着(着物)を着て、神社にお参りをします。
 3歳は男女ともに、男の子は5歳、女の子は7歳の11月15日に、七五三詣をします。

 七五三は「着物を着て写真を撮る日」ではありません。子どもの成長を感謝し、更なるご加護をご祈願するために晴れ着(着物)を着て、「神社にお詣りをする日」です。「着物」「写真」は言ってみれば付録。この日のメインは「神々への感謝」です。

 日本人は昔から、数え年で三歳(男女とも)、五歳(男子のみ)、七歳(女子のみ)の11月15日(もしくはその前後)に家族で神社にお詣してきました。この慣習は、髪を伸ばし始めた三歳の「髪置(かみおき)」、男の子が袴を着け始めた五歳の「袴着(はかまぎ)」、女の子が付け紐の着物から帯で結ぶ着物に替えた七歳の「帯解(おびとき)・紐落(ひもおとし)」の儀式に由来しています。(※数え年は、生まれた年を1とカウントします)。

 また、七歳まではまだこの世に命が定着していない不安定な状態で、神々の庇護のもとにある「神々の子」と考えられていました。七歳になってようやく人間の仲間入りをしたと考えられ、神社にお詣し、健やかなる成長を祈願しました。

 遙か昔から日本人が代々受け継いできた伝統文化・慣習が急速に失われつつある昨今。私達の世代で消滅させてしまうのか、次の世代に伝えていくかの選択の時期が来ているのではないでしょうか。こうした神社の行事に参加することで、自然への感謝の心が育まれ、伝統が受け継がれていきます。次の世代に伝えるきっかけにしてください。

Our Fantastic SponsorsEvent Email Sign-upContact Us
Copyright© Shinto Shrine of Shusse Inari in America. All right reserved.
linkedin facebook pinterest youtube rss twitter instagram facebook-blank rss-blank linkedin-blank pinterest youtube twitter instagram