2021’s 「年越の大祓」 お申し込み ご案内

November 4, 2021

 昔から日本人は、1年の終わりに「年越の大祓(としこしのおおはらえ)」を行ってきました。これは、1年(「夏越の祓」をされた方は半年)の間に気づかないうちに作ってしまった罪や穢(けが)れ、また、病気・事故・怪我・争い、不運などの厄難(やくなん)を祓(はら)い清め、新年を心身共に健康で過ごせるよう祈願するものです。 

 「穢れ」とは「気が枯れる」という意味で、本来持っている「気」がストレスなどで「枯れて」(くたびれて)パワーがダウンしている状態のことです。また、このリセット、リチャージにより、開運を呼び込むことができると言われています。年末、お部屋だけでなく、ご自身の「気」も大掃除しませんか?

 「年越の大祓」は、身代わりとなる人形(ひとがた)を使って、ご自身が溜め込んでいる穢れなどを祓い、気力の復活を図ります。アメリカ出世稲荷神社の人形は、古来より伝わる「十種神宝(とくさのかんだから)」の文字が入ります。

 お申し込みいただいた方のお名前を神主が読み上げ、受け取った人形で当神社に伝わるご祈祷を大晦日に行います。ペット、車両の「年越の大祓」もいたします。

 日本の伝統文化・習慣をぜひご家族で体験ください。

[お申し込みの手順]

人形(ひとがた)サンプル
  1. 人形・形代(こちらからダウンロードください)に名前、年齢(数え年)、住所を記入します。
  2. 祓ってほしいことを念じ、体の良くなって欲しい部分を、願い事を唱えながら人形・形代でさすります。肩こりが治って欲しい場合は、「肩こりが治りますように」と言いながら人形で肩をさすります。頭が良くなって欲しい人は、「頭が良くなりますように」と言いながら人形で頭をさすります。良くなって欲しい部分が複数でも構いません。車両の場合は、交通安全など祓ってほしいこと、祈願を念じ、形代でハンドルをさすります。
  3. 人形・形代に息を吹きかけます。ペットの場合は飼い主が代行しても構いません。
  4. こちらの申し込みフォームに記入し、フォーム内のリンク、またはチェックで御玉串料(ご祈祷料)を納めます。
  5. 人形を12月28日必着で郵送します。

  

郵送先

Shinto Shrine of Shusse Inari in America  (社務所)

              9854 National Blvd., #284, Los Angeles, CA 90034

Event Email Sign-up
Copyright© Shinto Shrine of Shusse Inari in America. All right reserved.
menu-circlecross-circle linkedin facebook pinterest youtube rss twitter instagram facebook-blank rss-blank linkedin-blank pinterest youtube twitter instagram